Q13.宝石の取扱いについて教えて下さい。
A.宝石は、美しく、耐久性に優れ、稀少価値のあるものです。 けれどそれぞれの宝石はそれぞれの弱点をも持ち合わせています。 ある宝石は、割れやすく、ある宝石はキズつきやすく、ある宝石は熱や乾燥に弱いといったようにです。 宝石の美しさを保ち、損なわないためにも、それら個々の宝石の弱点を知り、取扱いに配慮することが大切です。

キズの注意:
キズのつきやすさは硬度で表されます。 硬度は7以上あるのがいいとされています。 硬度が7以下のものはキズつきやすいのだと理解して大切に取り扱う必要があります。 真珠やサンゴ、オパールなどは、空気中のほこりでキズがつくので、何日もつけ続けるのは避けてください。
また宝石どうしを擦り合わすのは厳禁です。 硬度の弱いほうの宝石にキズが入ってしまいます。 宝石はひとつずつ別々に保管してください。
また、普段は、ほこりをはらう程度の手入れが必要です。 石の表面をやわらかい布でやさしく拭
くようにしてください。

割れや欠けの注意:
割れやすい宝石は、机の角にぶつけたり、落としたりしないよう配慮する必要かあります。 割れやすい宝石には、エメラルド、トパーズ、トルマリン、ペリドット、オパールなどがあります。
これらの宝石の、超音波での洗浄は厳禁です。

熱や乾燥に対する注意:
とりわけ注意したいのは多孔質のオパールとトルコ石です。 水分を多く含んでいるので、熱が加えられたり乾燥したりすると亀裂が生じます。 亀裂は割れの原因になります。

退色の注意:
アメシスト、シトリン、トルコ石などは直射日光の当たる場所に長時間放置しないこと。

洗剤、薬品に対する注意:
とくに真珠、こはく、サンゴ、トルコ石。 洗剤や薬品がついたら、ティッシュペーパーですぐ拭き取ること、これらの宝石の水洗いは厳禁です。
主な宝石の取扱いかた一覧
宝石名 硬度 ウイーク・ポイント 手入れ上の注意
ぬるま湯 中性洗剤 ブラシ 超音波洗浄
ダイヤモンド 10 油を吸いつけやすい
ルビー・サファイヤ 9 通常の使用で特に気をつけることはない
アレキサンドライト
クリソベリルキャッツアイ
8.5 通常の使用で特に気をつけることはない
トパーズ 8 衝撃にもろい場合がある ×
アクアマリン 8 通常の使用で特に気をつけることはない
エメラルド 7.5 衝撃にもろい。 机にぶつけたりしないよう気をつける × × ×
トルマリン 7 ゴミを吸いつけやすい ×
ガーネット 7 通常の使用で特に気をつけることはない ×
アメシスト 7 直射日光に長時間当てたまま放置しない(退色) ×
ひすい 7 割れ・欠けの心配はまずないが、ややキズがつきやすい ×
ペリドット 6.5 ややキズつきやすい。 割れ・欠けに注意 ×
ムーンストーン 6 キズつきやすい。 割れ・欠けに注意 ×
オパール 6 キズつきやすい。 熱や乾燥に注童 × × × ×
ラピス・ラズリ 6 キズつきやすい ×
トルコ石 5.5 キズつきやすい。 熱や乾燥に注童 × × × ×





日宝協 総合研究所  宝石学教室  鑑定・鑑別  宝石豆知識  問い合わせ  日本宝石協同組合
(C) 2000-2017 日宝協 総合研究所 (本サイトの無断転載を禁止します)