Q23.最近「エンハンスメント」という言葉をよく聞きます。 これはどんな意味なのですか?
A.「エンハンスメント」という言葉を最近耳にされたのなら、きっと、「トリートメント」という言葉もいっしょにお聞きになったのではないかと思います。 このふたつの言葉は、ともに、天然宝石の人工処理、に関係する言葉です。

人工処理にはいろんな種類があります。 熱処理、放射線処理、オイル処理、染色などです。 熱処理にはいくつかあって、オイル処理にもタイプがあります。 それらの自的はすべて、宝石の美しさをより良くしたり、変えたりすることです。

はじめて知るひとはびっくりするかもしれませんが、ルビーやサファイアを加熱して、色をより良くするという処理は、ずいぶん以前から行われてきたことです。 また、現在流通しているエメラルドのほとんどに、オイル処理が施されています。

トリートメント(TREATMENT)は、直訳すると、処理、という意味です。 日本では、人工処理、と訳して、以前から使われていた言葉です。 人工処理という言葉は、天然宝石の人工処理すべてに対して使われていました。 言葉の本来の意味からすれば、例に挙けたルビーやサファイアの加熱処理、エメラルドのオイル処理なども、当然これに合まれます。 けれど、それらは、鑑定鑑別機関では天然宝石と表示され、天然宝石として流通していた訳です。

ユーザーの宝石に対する知的好奇心の高まりに連れ、鑑定鑑別機関や宝石業者は、処理宝石とはいったい何なのかということを、消責者に向けて、もっと明確に提示する必要が生まれはじめました。 エンハンスメントという言葉は、これらの要請に従って、新しく導入された言葉です。

エンハンスメント(ENHANCEMENT)とは、改良、を意味します。 天然宝石が本来もっている性質に沿い、それを損なうことのない範囲で、人工処理を施し、よりよい美しさを引き出そうとすること。 これが改良です。 改良は、定義上、トリートメント(人工処理)と明確に区別されます。 すると当然、いままで漠然としていたトリートメントの定義は、変え直されるべきでしょう。 つまり、天然宝石の性質に関係なく、人工処理を施し、美しさを変えようとすること。 これがトリートメント、宝石に対する人工処理の新しい定義です。

ルビーやサファイアの加熱処理は改良である、と考えられます。 たとえばサファイアの場合、酸化チタンが青色の原因になっています。 しかしこの着色元素(専門的にはそういいます)である酸化チタンは、石のなかで、針状に固まってしまっている場合があります。 これではいい青色は出せません。 そこでこれをたいへんな高温で加熱してやります。 すると酸化チタンは溶けて、着色元素としての働きをはじめます。 すると色の淡かったサファイアか、深く濃い色合いのサファイアに変わるのです。 (こういう処理を専門用語で内部拡散処理と云います)。

これはたしかに人工処理ですが、天然サファイア本来の性質を変えた訳ではありません。 むしろその性質に沿って、自然がたまたまできなかったことを、人間がかわりにしたのです。 目的は美しくするためです。 変えられた色は永遠です。 これがエンハンスメント、改良です。 改良されたものは、天然石の性質をなんら変えるものではないので、天然石と同様に扱われます。 ほかには、アクアマリンやトパーズを加熱して色を良くしたものも、改良と考えられ、天然石と呼ばれます。 また、エメラルドの内部の亀裂に無色オイルをしみこませ、亀裂を目立たなくする、そうすることで色を良くするという処理も、改良と考えられます。

いま例に挙けたエメラルドは、有色オイルを使って、処理される場合もあります。 目的は同じく、色を良くするためです。 しかし有色オイルを使うのは着色です。 それはエメラルドが本来もっている性質に関係なく、色を変化させることです。 これがトリートメント、人工処理です。 色の薄いサファイアを、合成配分された着色剤(チタンと鉄)の粉末といっしょに加熱処理して色を濃くする処理(表面拡散処理)や、染料を用いてひすいを染色する処理などもまた、トリートメントと見なされます。

それらの処理石は、定義上、エンハンスメントと混同されることはありません。 鑑別書にはそれぞれ、処理エメラルド、処理サファイア、染色ひすいと明記され、天然石とははっきり区別されます。

エンハンスメントという未知な言葉が急に入ってきて、いま、その言葉だけが独り歩きしているように思われます。 しかしそのいきさつと、内容はだいたい以上のようなことなのです。 おわかりのように、基本的には、以前となにも変わることはありません。 以前から、内部拡散処理のルビーやサファイア、無色のオイル処理を施されたエメラルドは、天然石として扱われていましたし、これからもそうです。 有色処理のエメラルドや表面拡散処理のサファイア、染色処理のひすいは、以前から処理石とされていましたし、これからもそうです。 混乱せずに、このことをはっきり認識してください。

重要なのは、人工処理とはなになのかということを、知ることです。 そのなかには、天然石として容認できるものとできないものがある、それを知ることです。

今回の一連の流れは、この点をクリアーに認識すべく、非常によい機会であったと思えます。





日宝協 総合研究所  宝石学教室  鑑定・鑑別  宝石豆知識  問い合わせ  日本宝石協同組合
(C) 2000-2017 日宝協 総合研究所 (本サイトの無断転載を禁止します)