Q24.宝石に財産性や投機性はあるのでしょうか?
A.たとえばダイヤモンドの場合は、独占企業デビアス社の、生産及び価格調整が、かなりの程度効果をもち、その価格は、長期的、継続的に上昇傾向にあります。 けれど世界的な不況のあおりを受けて、価格が下落した年もあります。 比較的シンプルな流通システムをもつダイヤモンドでさえ、こうなのですから、それ以外の宝石の場合は、価格変動ははげしい、業界の流通システムの複雑さもあって、シリアスな投機の対象にはならないと云っていいでしょう。

たしかに品質の良い宝石は、かなり長期的にみると、価値は上がります。 けれどすぐに上昇する訳ではありませんし、ましてやそれで利益を得ようなどと考えないほうがいいでしょう。 少なくとも宝石は、株のように、今日100万円で買ったものが、1年後には130万円、5年後には200万円の価値がでてくる類いのものではないのです。

「いい宝石は財産ですよ。 5年後には2倍の値段になっていますよ」などという宝石業者もいますが、宝石とはそういうものではないのだと知ってください。

宝石とは身につけて楽しむものです。 美しく、稀少性があって、その美しさが、ほとんど永久的に長続きするから、価値があるのです。 買った宝石を、何十年も身につけて楽しんだ後、それでもまだ同じだけの美しさと、それ以上の価値が残っているものです。

「これは母が若い頃からつけていたルビーです。 まだまだきれいだったし、指輪だったのをリフォームしてペンダントにしたんです」。 こういうことばをじっさい聞いたり、見たりする度に、そこに宝石がもつ優れた財産性を感じるのは、たぶん私だけではないでしょう。





日宝協 総合研究所  宝石学教室  鑑定・鑑別  宝石豆知識  問い合わせ  日本宝石協同組合
(C) 2000-2017 日宝協 総合研究所 (本サイトの無断転載を禁止します)