Q3.ダイヤモンドの美しさの秘密を教えてください。
A.ダイヤモンドの美しさとは、輝きの美しさです。 その輝きの美しさは、ダイヤモンドが本 来もっているいくつかの性質、とりわけ硬度屈折率に関係しています。 

ダイヤモンドの硬度は10で、これは鉱物のなかで、もっとも高い値です。 硬度イコール硬さとは 云えないのですか、ダイヤモンドが非常に硬い石であることはたしかです。 石が硬いと、スムー スで、シャープなカット面を得ることができます。

また、ダイヤモンドは屈折率の高い宝石です。 宝石に入った光は、内部で折れ曲がります。 これ を屈折と云います。 なぜ屈折するかというと、空気中と宝石内部では、(光学的な)密度がちが うからです。 屈折率が高いとは、宝石に入った光が内部で折れ曲がる、その角度が鋭いというこ とです。 図を見てください。 

光は表面で反射するものと、内部で屈折するものとに分かれます。 表面で反射する光(@)の質 は宝石表面のカットの質に左右されます。 ダイヤモンドはスムースでシャープなカットが可能 です。 だから光の反射は強く鋭くなる。 ダイヤモンドの輝きの、これがひとつの理由です。 

内部に入って屈折する光(A)は石内部でも反射します(BとC)。 よく磨かれた刃物のように シャープなカット面が、屈折光を跳ね返すのです。 そうして内部反射した光は、屈折し、また外 にでて、わたしたちの眼に届きます(D)。 ダイヤモンドは、星の瞬きにも似た光の閃光を示し ますか、それは、これら一連の(A〜Dまでの)光の流れによるものです。 この効果が、ダイヤ モンドの輝きの、もうひとつの理由です。

さらに、光の分散、という効果もあります。 白色光を、それぞれの色に分解する、その力が、ダ イヤモンドの場合、強いのです。 白色光はひとつの色でできている訳ではありません。 それはさ まざまな色の集まりなのです。 それぞれの色の光は、ちがう屈折率をもっています。 ガラスプリ ズムからでてくる光は、虹色を示しますね。 これが光の分散です。 ダイヤモンドは、白色光をさ まざまな色に分解します。 分解されたそれぞれの色の光は、内部反射して、屈折し、虹色の光と なってわたしたちの眼に届くのです。 
このように、(1)石の表面での光の反射、(2)石の内部で屈折し、反射し、また屈折してそとにで てくる光の効果、(3)光の分散効果、以上がダイヤモンドの美しさ、輝きの秘密です。 けれどこ れらはすべて、適切なカットが施されたときにのみ、効果を発するということを覚えておいて ください。





日宝協 総合研究所  宝石学教室  鑑定・鑑別  宝石豆知識  問い合わせ  日本宝石協同組合
(C) 2000-2017 日宝協 総合研究所 (本サイトの無断転載を禁止します)