Q5.宝石の鑑別と鑑定ってちがうものなの?
A.こたえはイエスです。 鑑別鑑定では、その目的もちがえば方法もちがいます。
鑑別とは、その宝石の持つ化学的・物理的性質を検査することによって、種類は何であるのか、 天然石なのかどうか、人工的な処理はされているかどうか、を識別することです。 大雑把に言えば、 ニセモノとホンモノを区別する検査が鑑別です。

それに対して、鑑定はダイヤモンドにのみに関係します。 それがダイヤモンドであると証明さ れたら、その結論のうえに立って、こんどはそのダイヤモンドの評価を、キズの有無(クラリ ティ)、色の等級(カラー)、プロポーションの減点(カット)及びその石の重量(カラット)等 について詳しく検査することによって、等級づけ、します。 そのダイヤモンドがどの程度良いも なのかを知る、それが鑑定です。 だからこれは価格に対する重要な目安にもなるのです。  鑑別も鑑定も、鑑別鑑定士のライセンスをもった者が行います。 そして鑑別は鑑別書として、鑑定は鑑定書として発行されます。

なお、そのライセンスは、国家資格ではありません。 もっとも有名で、世界レベルで通用する ライセンスは、英国宝石学協会が認定し 発行するFGAライセンスと、米国宝石学会(GlA)が認定・発行するGGライセンスの 二つです。 現在、ライセンス取得を希望する人のほとんどが、そのいずれかのカリキュラムを 受け、試験にチャレンジしています。 英国宝石学協会は、宝石学から鉱物学に至る、 学術的な色彩の強いカリキュラムに定評があり、一方GlAは、独自のダイヤモンド等級づけ システム、GlA方式を開発し世界に広めたように、より実用的、即戦的なカリキュラムに 特徴をもっています。





日宝協 総合研究所  宝石学教室  鑑定・鑑別  宝石豆知識  問い合わせ  日本宝石協同組合
(C) 2000-2017 日宝協 総合研究所 (本サイトの無断転載を禁止します)